> > 冨士色素、世界初「アルミニウム-空気電池」を蓄電池化

冨士色素、世界初「アルミニウム-空気電池」を蓄電池化

 印刷 記事を保存

冨士色素(兵庫県)は、「金属-空気電池」の1つである「アルミニウム-空気電池」の二次電池(蓄電池)化に世界で初めて成功した。この新型二次電池は、電極材料に資源量が豊富で安価なアルミニウムを使い、二次電池として最高といわれる「リチウム-空気電池(11400Wh/Kg)」に次ぐ理論値容量(8100Wh/Kg)を実現。

また、電解質、電池構成部材など全ての材料が空気中で安定していて空気中で製造も可能で、リチウムイオン電池などのように爆発や燃焼したりする心配が全くない。さらに、現在のリチウムイオン電池より安価に製造可能。

(※全文:957文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.