> > イノプレックス、植物工場のイチゴ栽培管理技術者の育成講座をスタート

イノプレックス、植物工場のイチゴ栽培管理技術者の育成講座をスタート

記事を保存
イノプレックス、植物工場のイチゴ栽培管理技術者の育成講座をスタート

施設園芸や植物工場ビジネスの調査・コンサルティングを行うNPO法人イノプレックス(東京都)は、「太陽光型植物工場・イチゴ栽培管理技術者」の育成講座を11月15日から開始する。施設園芸の中でも、太陽光を利用した植物工場に特化し、養液栽培の基礎、イチゴの栽培管理技術、国内外の市場動向や経営戦略について体系的に学ぶことで、グローバル市場でも活躍できる人材育成を目的としたもの。

2014年からは実習を中心とした本格的な研修コース(応用コース)も開催予定。また、受講者が海外進出を検討している場合には、現地の市場調査やパートナー候補の選定、各資材の調達から栽培指導までのトータルサービスについての支援も行う。

世界におけるイチゴの消費量(1990年と2005年)を比較すると、米国は(65%増)、オーストラリア(60%増)、EU諸国など世界各国で伸びている。また、韓国の1人当たりの消費量は日本(1日3.62g)の約3倍で、1日10.41gと推計されている。

このようにイチゴが世界的に人気を集める中、日本のイチゴの品質や品種改良技術は、世界でもトップクラスを誇る。その証拠に、韓国や中国では多くの日本品種が栽培されており、イチゴを含めた農業ビジネスにおいては、今後、グローバルな人材育成が必要不可欠となっている。今回の講座開催は、このような状況に対応したもの。

なお、同講座は、NPO法人イノプレックスと、植物工場管理技術者の資格認定講座を実施するアイ・エム・エー、施設栽培でイチゴやトマトの生産を行う横田ファームの3社が協力して実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.