> > 世界の再エネ、2040年には3.9倍の見通し 省エネ対策で消費量大幅削減も

世界の再エネ、2040年には3.9倍の見通し 省エネ対策で消費量大幅削減も

 印刷 記事を保存

日本エネルギー経済研究所のレポートによると、太陽光・風力など再生可能エネルギーによる発電量は、合計で2040年までに2011年比で3.9倍となる見通し。また、最大限の対策により、2040年に中国の現在の消費量に匹敵する一次エネルギー消費を削減できると指摘する。

同研究所は、研究レポート「アジア/世界エネルギーアウトルック2013」の中で、世界のエネルギー消費の動向について予測している。

世界的にみると、原子力発電と再生可能エネルギーは着実に増加する。2040年には、水力を除いても世界の電力の10%が再生可能エネルギー発電によって供給されるようになる見通し。一方、すべての再生可能エネルギーの増分のうち62%が、発展途上国の薪などに代表される低コストのバイオマスによるものとなる。しかし、水力からバイオマスまで再生可能エネルギーをすべて足しても、2040年のシェアは、現在の13%から15%になるに過ぎず、2040年においても化石燃料に大きく依存する構図は変わらないと指摘する。

(※全文:1,159文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.