> > 島根県安来市の調整池で水上メガソーラー募集

島根県安来市の調整池で水上メガソーラー募集

記事を保存

安来市土地改良区は、島根県安来市の調整池において、土地を借りて、フロート(浮体構造物)方式の水上メガソーラーを設置・発電事業を行う事業者の募集を開始した。フロート方式によるメガソーラーは全国でも数少ない事業となる予定。

対象候補地は、中海干拓地安来工区調整池で、面積は約5ヘクタール。利用方法は貸付(他目的使用)。年間貸付(使用)量は1平方メートル当たり70円以上。

選考はプロポーザル方式で実施する。事業者に企画提案書の提出を求め、プレゼンテーション審査を実施し、最も評価が高い事業者を土地貸付の候補者として決定する。

10月18日(金)に募集要領公表。提案書の提出期間は11月20日(水)~11月27日(水)。11月28日(木)にプレゼンテーション審査を実施し、11月29日(金)に土地貸付候補者を決定する予定。土地貸付の候補となった発電事業者は、12月に中国経済産業局との設備認定協議、1~3月に中国電力との系統連系協議を実施する。

中海干拓地安来工区調整池は、島根県がホームページで情報提供しているメガソーラー候補地のひとつ。同県では、現在メガソーラー候補地として、6件を紹介しているが、県が所有する4件の候補地については、すでに事業者が決定している。中海干拓地の案件は、県がとりまとめたメガソーラー候補地のうち、県以外が公募する初めての案件となる。

土地改良区とは、農業用用排水施設の管理等を行う土地改良事業を実施することを目的として、地域の関係農業者により組織された団体をいう。

【参考】
島根県 - メガソーラー候補地にかかる発電事業者の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.