> > 東京ガスとパナソニック、マンション向け家庭用燃料電池を発売 東急不動産などが採用

東京ガスとパナソニック、マンション向け家庭用燃料電池を発売 東急不動産などが採用

記事を保存
東京ガスとパナソニック、マンション向け家庭用燃料電池を発売 東急不動産などが採用

東京ガスパナソニックは、マンション向けの家庭用燃料電池「エネファーム」を共同で開発した。東京ガスが本製品を2014年4月1日に発売する。総合地所と東急不動産が自社が供給する分譲マンション(計2物件、456戸)に本製品を採用する予定。

東京ガスは、本製品を2014年度に500台受注する計画だ。価格はオープン価格。

本製品は、標準仕様としてマンション設置のための基準に準拠し、パイプシャフト(上下階を貫通する給水管やガス管などを収納するスペース)内に燃料電池ユニット、貯湯ユニット、バックアップ熱源機を全て設置できる仕様として製品化した。

これまでは、戸建用エネファームに個別の改良を施し、マンション設置のための基準に準拠させ、パイプシャフト外(マンションの玄関前で、外壁面から少しくぼんだ形になって空間)などに導入した事例はあった。パイプシャフト内に設置できる仕様は世界初となる。

本製品は、戸建て住宅に比べ、より設置条件に制約があるマンション向けに、機器本体の気密性を高めることなどにより、開放廊下側のパイプシャフト内への設置を可能にした。また、マンションの設置基準に対応するため、機器本体をアンカー固定する脚部の強度を向上させることで耐震性を高めるとともに、給排気構成の変更などにより強風時でも運転できるように耐風性を高め、高層階での設置も可能にした。

本製品は、火力発電所からの電気と都市ガス給湯器からの給湯を行なう方式と比べ、定格発電時にCO2排出量を約49%、一次エネルギー消費量を約37%削減できる。モデルケースでの年間光熱費は約3~4万円節約、年間CO2排出量を約1トン削減できる。

「エネファーム」は都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気は家庭内で利用する。電気をつくる場所と使う場所が同じであるため送電ロスがなく、また発電時に出る熱も活用することができるできる環境にやさしいシステムとして注目されている。

東京ガスは2009年5月に世界で初めて「エネファーム」の一般販売を開始し、2013年9月末までにパナソニックが全国で累計約31,000台を出荷、内東京ガスが累計約24,000台の販売を行なっている。2013年度は、パナソニックが年間15,000台以上の生産体制を構築し、東京ガスが12,000台の販売を目指している。また、東京ガスは、2020年に累計30万台の販売を目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.