> > 大林組、鹿児島さつま町でメガソーラーの運転開始 2.65MW

大林組、鹿児島さつま町でメガソーラーの運転開始 2.65MW

記事を保存
大林組、鹿児島さつま町でメガソーラーの運転開始 2.65MW

大林組グループの大林クリーンエナジーは、同社が鹿児島県薩摩郡さつま町で管理運営を行う「さつま宮之城屋地太陽光発電所」の発電を9月18日より開始した。同発電所の出力は2.65MW。パネルの枚数は1万948枚。災害などで停電した場合には非常用電源として使用可能。普段は、環境教育の場としても活用される。

大林クリーンエナジーは、太陽光などの再生可能エネルギーを活用した発電事業に取り組んでおり、さつま宮之城屋地太陽光発電所は9ヵ所目の運営施設となる。

さつま町は、「人と自然が共生する美しいまち」を町民憲章の一つに掲げており、安全・安心な電気を町民に届けるために太陽エネルギーによる発電を開始した。地元に親しまれる施設になるようにと着工時から発電所の愛称を募集し、131点の応募作品の中から「さん SUN さつま」が選ばれた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.