> > GMの燃料電池車、16万km走行達成 通算でガソリン2万リットルを節約

GMの燃料電池車、16万km走行達成 通算でガソリン2万リットルを節約

記事を保存
GMの燃料電池車、16万km走行達成 通算でガソリン2万リットルを節約

ゼネラルモーターズ(GM)は、同社の燃料電池車(FCEV)「シボレー エクイノックス」の実証実験車両1台が、水素自動車にとっては画期的な10万マイル(約16万km)の実走行を達成したことを発表した。

再生可能な水素を使用した場合、5,260ガロン(約19,911リットル)のガソリンを節約したことになる。同車両は、米国カリフォルニア州にあるウォルト・ディズニー・スタジオでの実証実験後、10名のGM開発エンジニアによって運転され、技術開発に使われていた。

シボレー エクイノックスは、2007年にはじまった119台の車両による「プロジェクト・ドライブウェイ」という実証実験の一部。これまでに他社を上回る累計約300万マイル(約480万km)の実走行を展開。GMの計算では、119台のFCEVによって157,894ガロン(約597,693リットル)のガソリンを節約したことになる。

GMは、燃料電池技術において定評があり、米国で発表されている「クリーン・エネルギー特許成長指数」において、2002~2012年における燃料電池に関する特許で、1位にランクされている。現在は、米国ミシガン州に、燃料電池の開発を行う新しい燃料電池開発センターを構築している。

また、今年2つの燃料電池に関する共同開発を発表した。7月に、GMとホンダは、2020年頃の実用化に向けて燃料電池システムと水素貯蔵システムを共同で開発するため、長期的な提携契約を締結。また、9月に、GMとU.S.アーミー・タンク・オートモーティブ・リサーチ・デベロップメント&エンジニアリング・センターは、水素燃料電池技術の共同開発を拡張していることを発表した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.