> > 千代田化工とソーラーフロンティア、全国で計86MWのメガソーラーの工事を受注

千代田化工とソーラーフロンティア、全国で計86MWのメガソーラーの工事を受注

記事を保存
千代田化工とソーラーフロンティア、全国で計86MWのメガソーラーの工事を受注

千代田化工建設ソーラーフロンティアは、これまで(2013年9月時点)に、全国において、累計約86MW、計18プロジェクトのCIS薄膜太陽電池を採用したメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設工事を受注したと発表した。

両社が受注した案件は、三交不動産向け(三重県、5.2MW)、三井物産向け(愛知県、19.6MW)、西部石油向け(山口県、10.4MW)など18プロジェクト。

各プロジェクトで、ソーラーフロンティアはCIS薄膜太陽電池を供給し、千代田システムテクノロジーズ(千代田化工建設の100%子会社)を含む千代田化工建設グループは建設工事(EPC:設計・調達・建設)を手がけている。

千代田化工建設グループとソーラーフロンティアは、それぞれの強みを持ち寄ることで、よりコストパフォーマンスに優れ、付加価値の高いメガソーラーを顧客に提供している。両社は引き続き複数のメガソーラープロジェクトの受注を予定しており、今後とも更なる協力関係を通じて、メガソーラーの建設事業に注力していく考えだ。

千代田化工建設グループは、これまで日本を含む40カ国以上の国や地域でエネルギー関連プラントを手掛けてきた。メガソーラープロジェクトにおいても海外の先進的な設計、機器の採用など、経験とノウハウを活かして、質の高いプロジェクト遂行に務めている。

ソーラーフロンティア昭和シェル石油100%子会社で、CIS薄膜太陽電池の生産・販売を行っている。CIS薄膜太陽電池モジュールは、設置後に高い実発電量が期待できる。また、気温や影の影響を受けにくいため、北海道のような寒冷地域から九州のような温暖な地域まで幅広く適応が可能となっている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.