> > タピオカ製造時の残渣から低コストでバイオ燃料を作る新技術 タイで実証開始

タピオカ製造時の残渣から低コストでバイオ燃料を作る新技術 タイで実証開始

記事を保存
タピオカ製造時の残渣から低コストでバイオ燃料を作る新技術 タイで実証開始

出光興産は、キャッサバからタピオカスターチ(でんぷん)を製造する際の残渣(キャッサバパルプ)を使ってエタノールを製造する技術の実証のため、タイにパイロットプラントを建設し運転を開始したと発表した。

同社は、東南アジアにおいて、再生可能エネルギーとして有望なバイオ燃料事業への取り組みを進めている。その一環として、タイ最大のスターチメーカーであるサングァン・ウォンセ・インダストリーズ社(SWI社)の工場敷地内にパイロットプラントを建設し、SWI社の協力の下、技術実証のための運転を開始した。パイロットプラントでは、年間50kLのバイオエタノールの製造が可能。

本パイロットプラントで実証するのは、独立行政法人国際農林水産業研究センター、タイ・カセサート大学農業・農芸品改良研究所ならびに同社が共同で開発した新技術。今回、開発に成功したプロセスは原料であるキャッサバパルプの特別な前処理を行わず、また発酵槽での撹拌を行わないことを特長とするもので、低コストでのバイオエタノール製造が可能となる。

今後、本パイロットプラントにて技術の実証を行った後、プロセスデータの採取を行い、商業化を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.