> > 愛知県内に燃料電池車向けの水素ステーション 2014年末に稼働予定

愛知県内に燃料電池車向けの水素ステーション 2014年末に稼働予定

記事を保存

豊田通商と、日本エア・リキードは、新会社「豊通エア・リキードハイドロジェンエナジー株式会社」(出資比率:豊田通商51%、日本エア・リキード49%、以下:新会社)を設立し、燃料電池自動車(以下:FCV)向けに、燃料の水素供給を目的とした水素ステーションを設置する。商業用としては国内初となる。

両社は、新会社の設立に向け、2013年10月8日に名古屋市内で調印式を行った。

水素ステーションは愛知県内に2カ所(名古屋市熱田区と豊田市深田町)に設置され、2015年に国内自動車メーカー各社が予定しているFCVの市場投入に先立ち、2014年末から稼働する予定となっている。

なお、日本エア・リキードの親会社であるエア・リキードグループは主に工業向け水素ガスに関して幅広い知見と経験を持ち、これまで全世界で約60カ所のFCV向け水素ステーションの設置実績を持つ。日本エア・リキードでは、経産省が掲げる2015年までに国内100ヵ所の水素ステーションを先行整備する目標についても、大きく貢献することを目指してきた。

豊田通商でも今後、2カ所の商業用水素ステーション運営を通じ、水素インフラに関わる実績と知見を蓄積することで、国内の水素インフラの普及に貢献することを目指すとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.