> > 秋田県のローソンに「氷室」 雪を貯めて夏の冷房に 太陽熱や地中熱も利用

秋田県のローソンに「氷室」 雪を貯めて夏の冷房に 太陽熱や地中熱も利用

ローソンは、11月1日(金)に業界で初めて雪を冷房に利用する寒冷地特化型の環境配慮店舗を秋田県由利本荘市にオープンする。この店舗では、店舗全体の電気使用量を2010年度対比で約50%の削減を見込む。これはこれまでの環境配慮店舗で最大の電気量削減となる。

ローソンは毎年最新設備を導入した環境配慮型の実験店舗をオープンし、省エネ効果の高かった設備を既存店舗にも導入している。今回の店舗はローソン初の寒冷地特化型となる。コンビニエンスストア業界初の「雪貯蔵空調連携システム」「太陽熱利用暖房システム」を導入し、夏には雪を冷房に、冬には太陽熱で出来た温水を床暖房に使用する。

今後は実験データを、既存店舗への導入や新規設備の開発に活かし、様々な気象状況に対応できる更なる省エネを目指していく考えだ。

寒冷地特化型環境配慮店舗の主な環境配慮設備は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.