> > 滋賀県の工業団地にメガソーラー 京セラ製の太陽光発電パネルを採用

滋賀県の工業団地にメガソーラー 京セラ製の太陽光発電パネルを採用

記事を保存

建設会社の昭建(滋賀県大津市)は、滋賀県米原市の柏原東部工業団地内(約2万6,000平方メートル)に、2MWのメガソーラー「昭建柏原ソーラー発電所」を建設する。

京セラ製の太陽光発電パネル合計約9,000枚を設置し、年間総発電量は約200万kWh。設計・施工はきんでん(滋賀支店)が行い、完成は平成26年3月の予定。同社は、今年2月に滋賀県湖南市で1.8MWのメガソーラー「昭建石部ソーラー発電所」の送電を開始しており、メガソーラー開設は2カ所目となる。

新発電所の建設にあたって、同社は米原市と太陽光発電所設置に関する協定書を締結した。同協定は、発電所の立地に際し、円滑な事業活動を図り、地域貢献の推進のため積極的な協力が得られることを目的に締結されたもの。周辺地域への良好な環境と安全確保に努めること、米原市環境基本計画に基づき実施する低炭素社会を実現するための取り組み推進に努めることなどが記されている。

地域貢献としては、環境学習のための啓発看板等の設置、児童生徒などの環境学習の受け入れ、地域労働力の活用、災害時における電力確保などが挙げられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.