> > 茨城県鹿嶋市の工場隣接地に876kWの太陽光発電、住友林業が施設

茨城県鹿嶋市の工場隣接地に876kWの太陽光発電、住友林業が施設

記事を保存

住友林業は、木質系住宅関連部材と住宅設備機器の製造販売を行う住友林業クレスト(住友林業100%出資)の鹿島工場に隣接した同社遊休地(16,460平方メートル)で、太陽光発電施設「住友林業鹿島ソーラー発電所」の稼働を11月6日より開始する。

同発電施設の発電容量は876kW。年間発電量は約90万kWhの見込み。同社は2012年度の経済産業省の太陽光発電再生可能エネルギーの固定価格買取制度(全量買取制度)の設備認定を受けており、同案件は認定を利用した同社グループ初の太陽光発電施設。

同施設で使用するソーラーパネルの架台には、同社が進める木化事業の一環として、自社で企画・設計・施工した木製架台を一部採用しており、一般流通材、主に国産のスギ材を用いている。この木製架台は、シンプルな構成で必要強度を満たす架構を有し、それにより合理化された施工を実現している。また、施設ごとに構造計算を行うことで敷地条件に応じた設計が可能。木化営業部は、同社の木材・建材流通事業がもつ調達能力を活かし、地域材の有効活用も視野に入れて木製架台の事業化を図っていく方針。

同社は、今年4月、再生可能でクリーンなエネルギーを供給することで、豊かで安定した住生活を可能にする社会基盤の構築に貢献することを目指して、山林環境本部に環境エネルギーグループを新設。太陽光発電事業は、年間発電量の長期安定的な収益確保が見込めることから、バイオマス発電事業に続く環境エネルギー事業として取り組んでいく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.