> > 完全人工光型植物工場市場は2018年に12年比3倍の88億円に拡大、民間予測

完全人工光型植物工場市場は2018年に12年比3倍の88億円に拡大、民間予測

 印刷 記事を保存

2018年の国内完全人工光型植物工場市場は、企業の農業参入、六次産業ビジネスの創出により、12年比3倍の88億円となる見通し。市場調査会社の富士経済が、「第3次ブームの到来」と注目を浴びる植物工場と施設栽培ビジネス市場を調査した結果として予測した。

■植物工場(完全人工光型):

13年見込42億円、18年予測88億円(12年比3倍)
(内訳)プラント型:13年見込31億円、18年予測65億円(12年比3.1倍)
    ユニット型:13年見込10億円、18年予測23億円(12年比2.9倍)

植物工場(完全人工光型)市場動向の概要は以下の通り。植物工場市場は12年が29億円。遊休地を活用した企業の農業参入の増加や、大学や研究機関、福祉施設向けの小規模プラント/ユニット案件が多く見られるなど、市場は拡大した。

プラント型、ユニット型共に導入件数が増加している。特にプラント型の成長率が11年比50%と高くなっている。その理由のひとつとして、震災復興事業による補助金を活用した植物工場建設の増加をあげる。福島県川内村や白河市、宮城県多賀城市など東北地方で一日数千株出荷する大規模な植物工場が相次いで建設された。既に建設が内定している震災復興事業による案件もあるとみられ、東北エリアでは今後も新たな植物工場の建設が予想される。震災復興需要以外では、企業による遊休地の有効利用を目的とした植物工場への関心が高まっているほか、障害者雇用を目的とする事業者も見られる。

(※全文:2116文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.