> > エコ版ベルマーク、どんぐりポイント制度の協賛事業者を募集 5カ所で説明会

エコ版ベルマーク、どんぐりポイント制度の協賛事業者を募集 5カ所で説明会

 印刷 記事を保存

経済産業省は、カーボンフットプリント(CFP)のオフセットとエコ活動への支援を組み合わせた、ベルマークのエコ版となる「どんぐりポイント制度」の協賛事業者の募集を開始した。

今回、募集するのは、自社の製品やサービスについて、ライフサイクル全体でのCO2排出を「見える化」してオフセットし、それに対して、公的に認証されたポイントを付与して販売する事業者(協賛事業者)。ポイントを収集する団体等(学校、地域、NPO、サークルなど)については、11月中旬(予定)に別途募集・案内する。

「どんぐりポイント制度」は、平成25年度「見える化」制度連携活性化事業費補助事業として、11月1日(金)からスタートした。どんぐりポイントとは、「カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット製品等」の普及促進とともに、地球温暖化防止や対策を中心に、さまざまな環境活動を支援するために創設されたポイント付ラベル。

カーボンフットプリント(CFP)とは、製品やサービスのライフサイクル全体(原材料の調達から、製造、流通、使用、廃棄まで)で排出したCO2を算出して「見える化」する仕組みをいう。

今回、募集するどんぐりポイントの事業者(協賛事業者)の役割は以下の通り。

(※全文:1,327文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.