> > 山梨県クリーンエネ機構、甲斐市と屋根貸し発電協定 災害時は市に電力を提供

山梨県クリーンエネ機構、甲斐市と屋根貸し発電協定 災害時は市に電力を提供

記事を保存

山梨県クリーンエネルギー推進機構は、甲斐市内の公共施設の屋根を活用して太陽光発電を設置する。発電した電気は全量を売電し、災害時には市に電力を提供する。2015年4月の稼働を目指す。

本事業については、同機構が同市に提案し、市がこれに同意。両者は本事業の実施について協定を締結した。

本事業は、竜王図書館と双葉体育館の屋根に計約400枚の太陽光発電パネルを設置するもの。年間発電量は、それぞれ約6万kWhとなる見込み。

山梨県クリーンエネルギー推進機構は、一般社団法人山梨県環境管理協会の下部組織。県内企業の参加を得て、「地球温暖化防止(CO2の削減)」「クリーンエネルギーの推進」を目的とする発電事業特別目的会社として、今年の4月に設立された。屋根貸しによる太陽光発電事業を自治体などに提案している。

山梨県環境管理協会は、県内の環境に係る測定や分析・コンサルタント業務を行っている会社等を社員とし、2006年4月に設立した。環境経営システム「エコアクション21」の認証制度の普及促進業務や環境関連総合コンサルタント業務などを手がけ、中小企業の環境改善を支援している。

【参考】
山梨県環境管理協会 - 「甲斐市」と屋根貸し発電協定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.