> > 福井県、県民生活協同組合へ17万円分のCO2削減クレジットを譲渡

福井県、県民生活協同組合へ17万円分のCO2削減クレジットを譲渡

 印刷 記事を保存

福井県は、県の補助を受けて設置された住宅用太陽光発電によるCO2削減量をクレジット化し、国内クレジット認証委員会にクレジット化の認証を受けた上で、福井県民生活協同組合へ譲渡する。譲渡額は17万円。平成23年度は二酸化炭素85トン分(1トンあたり2,000円)。譲渡益については、環境ふくい推進協議会を通して県内で行われる環境保全活動の原資として活用される。

福井県民生活協同組合は、平成17年より温暖化防止自主行動計画を定め、CO2の排出削減の取り組みを進めている。現在は...

(※全文:502文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.