> > 鹿島による栃木県のメガソーラー、モジュールメーカーがO&Mサービスも実施

鹿島による栃木県のメガソーラー、モジュールメーカーがO&Mサービスも実施

記事を保存
鹿島による栃木県のメガソーラー、モジュールメーカーがO&Mサービスも実施

ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、鹿島建設による那須ちふり太陽光発電事業(最大出力約2MW)において、同社の太陽電池モジュールの設置が10月に完了したと発表した。11月末より発電を開始する予定。また、同社は、運転開始後、鹿島建物総合管理を介してメンテナンスサービスも提供する予定。

那須ちふり太陽光発電事業(栃木県那須郡那須町)は、鹿島が保有・運営するゴルフ場「那須ちふり湖カントリークラブ」に隣接する同社所有地の有効利用して、建設を進めてきたもの。発電した電力は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用して発電全量を東京電力に売電する。同社にとっては、太陽光発電事業による売電は初となる。

計画では、敷地利用面積約3ヘクタールに最大出力約2MWの設備を設置し、年間発電量は約200万kWh(一般家庭約550世帯分)を見込んでいる。鹿島は、出力2MW未満での太陽光発電事業は、高圧電線(近接の電線)に直接接続することができ、特別高圧電線への連系にかかる設備投資等が不要なため経済性が高いと説明している。

本事業では、ネクストエナジー・アンド・リソースの太陽光モジュール(6インチ単結晶245W)が採用された。同社は鹿島建物総合管理とともにO&M(運営・維持管理)も実施する予定。モジュール納品とメンテナンスサービスを一括して行うことで、運転開始後もモジュールの検証、また交換や保証の実施がスムーズにでき、それによりモジュールの最大限のパフォーマンスを引き出し、より高い発電量を得ることができるとしている。

ネクストエナジー・アンド・リソースは、メガソーラーや産業用太陽光発電システムなど、自然エネルギー関連の事業を展開する。今後も新しい技術の実験や実績の検証などを積み上げ、よりコストパフォーマンスの良い運営管理手法を確立するとともに、太陽光発電の設計、建設工事のパフォーマンスも向上させ、顧客の収益性の向上に一層貢献していくと考えだ。

なお、鹿島は、本事業において得られた知見や経験を活かし、顧客が保有する遊休地等を太陽光発電事業に活用するための提案を積極的に行っていく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.