> > 植物由来繊維で「エコ体操着」 グリーン購入法にも対応

植物由来繊維で「エコ体操着」 グリーン購入法にも対応

記事を保存
植物由来繊維で「エコ体操着」 グリーン購入法にも対応

東レと学校制服・体育着メーカーの菅公学生服(岡山県岡山市)は、東レが製造する植物由来ポリエステル繊維を使用した体育着を、学販衣料業界で初めて開発した。

全国の小・中・高生向けに、2014年4月から、菅公学生服が販売を開始する。初年度の販売計画は体育着上下・ハーフパンツ9万点で売上規模は2億5000万円。3年後はシャツを含めた60万点の販売を予定しており、15億円の売上規模を目指す。

今回使用する植物由来ポリエステル繊維「エコディア®PET」は、通常の石油由来テレフタル酸とサトウキビなどを原料とする植物由来エチレングリコールを重合・溶融紡糸した植物度約30%のポリエステル繊維。本年4月から適用開始されているグリーン購入法のBIO-PET(バイオペット)基準に適合した体育着として業界で初めて開発した。「エコディア®PET」を使用した展開はまず学校体育衣料から始めるが、引き続き学生服素材の展開も目指して研究開発を進めていくとしている。

菅公学生服は、学校制服・体育着メーカーとして、「カンコーエコスクール」という活動に取り組む。その内容としては、1997年よりリサイクルポリエステルを使用した環境負荷低減学校制服・体育着を展開、また使用後の学校制服・体育着の回収支援活動や校庭植樹運動のほか、近年では、学校に出向いての環境授業も積極的に行っている。

東レは、植物由来ポリエステルをはじめ、バイオマス由来ポリマーの研究・技術開発およびバイオマス由来ポリマー事業の拡大を推進している。2011年には世界で初めて、全て植物由来の原料を用いた「完全バイオマス原料由来ポリエステル繊維」の試作に成功している。中期経営課題「プロジェクトAP-G 2013」で掲げる「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」においても、バイオマス由来ポリマー事業の拡大は中核を成す重要な取り組みと位置付けている。

なお、今回開発したのは、吸汗速乾性、防風性を特徴とする「体育着長袖上下・ハーフパンツ」(混率:ポリエステル100%(エコディア®PET 40%))、吸汗速乾性を特徴とする「体育着半袖シャツ」(混率:ポリエステル100%(エコディア®PET 45%))、UVカット性、防透性を特徴とする「体育着半袖シャツ」(混率:ポリエステル80%(エコディア®PET 100%)綿20%)。該当商品については、菅公学生服が、東京(11月7日、8日)と大阪(11月19日、20日)で開催される「スクールソリューションフェア」にて展示を行う。

なお、グリーン購入とは、製品やサービスを購入する場合に、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入することをいう。グリーン購入法は、国等の機関にグリーン購入を義務づけるとともに、地方公共団体や事業者・国民にもグリーン購入に努めることを求めている法律。BIO-PET基準は植物由来の非生分解性プラスチック製品基準。本年2月5日にグリーン購入法に基づく基本方針が閣議決定され、「制服・作業服」、「カーテン」、「ニードルパンチカーペット」等に植物由来の非生分解性プラスチックから製造・加工される合成繊維の使用等を判断の基準に追加された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.