> > 太陽光発電所の管理システム、福島県で研究開発開始 クラウドを活用

太陽光発電所の管理システム、福島県で研究開発開始 クラウドを活用

記事を保存
太陽光発電所の管理システム、福島県で研究開発開始 クラウドを活用

アサヒ電子(福島県伊達市)とブリスコラ(東京都港区)は、クラウドシステムを活用して、太陽光発電をモニタリング・評価する研究開発に着手する。

本研究開発では、「太陽光発電の見える化、守る化、考える化」をコンセプトに、太陽光発電をマネジメントするクラウドでのシステムを低コストで構築することで、発電効率の最適化と複数の発電事業者のモニタリングの実現を目指す。

本研究開発は、公益財団法人福島県産業振興センターが公募した「平成25年度(第1回)ふくしま産業応援ファンド事業」の製造業集積活用型事業において、両社の「高効率ソーラー発電システム・モニタリングデータクラウド実用化研究開発」の共同提案が採択されたことを受けて実施するもの。

太陽光発電は、時間的、季節的、地域的格差により発電効率が異なるため、1枚単位での不良測定や、PV(太陽光発電)・PCS(パワーコンディショナー)双方の発電量等、発電データの詳細をリアルタイムでモニタリング・評価する必要がある。本研究開発においては、広大な敷地において、局所(時間・場所)での現象をリアルタイムで見える化(見える化)し、ブラウザ、iPhone・iPad等のスマートデバイス等により遠隔地から運用・管理し、故障箇所を迅速に復元(守る化)すること、また、多種多様なセンサー(日射、温度、気象等)情報と合わせてデータを分析(考える化)することにより、太陽光発電システムの動的な運用最適化を目指す。

「太陽光発電の見える化、守る化、考える化」の具体的な内容は以下の通り。

  • 見える化:発電の最適化→1枚単位~1ストリング単位での不良箇所と発電量の可視化
  • 守る化:安全性→1枚単位~1ストリング単位での制御運用対応
  • 考える化:モニタリングシステム→収集データ(ビックデータ)を機械学習し、分析する。また、デバイスを選ばず、リアルタイムでデータを配信し、パネル現地運用者・管理者に復旧対応を自発的に考えてもらう。

本研究開発の取り組みとしては、アサヒ電子工場屋上に設置した40kwの太陽光発電システム(太陽光パネル52枚を活用)を活用して、設備・システムのプロトタイプ(試作品)を作成する。その上で、本格的な事業化を見据えて、日本各地での再生可能エネルギー発電プロジェクトに対して、当該設備・サービスのコンセプトを説明、ヒアリングを実施。オープンイノベーションによる新規事業創出地産地消型のビジネス展開を予定している。

平成25年度の達成目標(平成25年12月31日まで)は、「不良パネルのストリング毎検出」として、ソーラーパネル枚毎の制御と電力、電流、電圧測定結果を無線化通信。クラウドでの遠隔モニタリング構築。劣化ソーラーパネルのあるストリング検出等を行う。また、平成26年度の達成目標(平成26年7月31日まで)は、「低コスト化、小型化と性能改善、メガソーラーへの導入」として、部材費の低減、新規デバイスの開発。サーバ自動切り替え制御の改善等を行う。

両社は、福島の地から再生可能エネルギーを推進する最先端製品・サービスを開発し、エネルギー・地球環境問題解決の一翼を担うと同時に、関連産業の裾野拡大、新たな雇用の創出等を通じて、地域経済の活性化に貢献していくとしている。

アサヒ電子は、1984年VTR基盤組み立て工場として創業し、現在は超高密度実装技術、車載ECU、市場サポート技術をベースに、顧客への包括的なソリューション事業を提供している。ブリスコラは、クラウド専門の事業企画・開発を手がける。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.