> > 太陽光発電所の管理システム、福島県で研究開発開始 クラウドを活用

太陽光発電所の管理システム、福島県で研究開発開始 クラウドを活用

 印刷 記事を保存

アサヒ電子(福島県伊達市)とブリスコラ(東京都港区)は、クラウドシステムを活用して、太陽光発電をモニタリング・評価する研究開発に着手する。

本研究開発では、「太陽光発電の見える化、守る化、考える化」をコンセプトに、太陽光発電をマネジメントするクラウドでのシステムを低コストで構築することで、発電効率の最適化と複数の発電事業者のモニタリングの実現を目指す。

本研究開発は、公益財団法人福島県産業振興センターが公募した「平成25年度(第1回)ふくしま産業応援ファンド事業」の製造業集積活用型事業において、両社の「高効率ソーラー発電システム・モニタリングデータクラウド実用化研究開発」の共同提案が採択されたことを受けて実施するもの。

太陽光発電は、時間的、季節的、地域的格差により発電効率が異なるため、1枚単位での不良測定や、PV(太陽光発電)・PCS(パワーコンディショナー)双方の発電量等、発電データの詳細をリアルタイムでモニタリング・評価する必要がある。本研究開発においては...

(※全文:1,454文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.