> > juwi自然電力、山口県宇部市にため池跡を活用したメガソーラーを建設

juwi自然電力、山口県宇部市にため池跡を活用したメガソーラーを建設

記事を保存
juwi自然電力、山口県宇部市にため池跡を活用したメガソーラーを建設

juwi(ユーイ)自然電力(東京都)は、山口県宇部市にメガソーラー「山口県宇部権現太陽光発電所(仮称)」を建設する。同事業は、道路開発の結果生じた「ため池跡」で畑作を行う傍ら、将来にわたり自然エネルギーも生み出す場所として有効活用していきたいというニーズに基づいて計画された。

EPC(設計・調達・建設)は、juwi自然電力が担当。発注者は三和コンクリート工業(熊本県)で、同社がメガソーラーの事業主になるのは今回が初。発電出力は約1MW。2014年1月に着工し、4 月に竣工予定。

juwi自然電力は、太陽光・風力等自然エネルギー発電所の開発・企画・コーディネートなどと手がける自然電力(東京都)と、世界有数のEPC(設計・調達・建設)企業であるドイツの juwi社が、今年1月に設立した国際ジョイント・ベンチャー。

自然電力グループは、開発から建設、保守・運営まで、メガソーラー発電所の設置に必要なすべての業務を提供しており、これまで熊本県内で3カ所(合計出力約 3.1MW)のメガソーラー発電所建設の実績を持っている。世界有数のEPC企業であるjuwiが培った知識や経験を、日本の各地域やニーズに適したかたちで提供することで、日本における高品質な再生可能エネルギー事業の推進を目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.