> > ライオン、エコ製品に環境ラベルを付与 製品を通じた環境活動として来年スタート

ライオン、エコ製品に環境ラベルを付与 製品を通じた環境活動として来年スタート

 印刷 記事を保存

ライオンは、環境対応先進企業を目指す取り組み「Eco Vision 2020」の実現に向けて、環境活動のシンボルとして「環境ロゴ」を策定したと発表した。

「環境ロゴ」に、環境省環境表示ガイドラインによる環境説明文を併記したものを環境ラベルとし、独自の環境基準「ライオンエコ基準」を達成した製品に、2014年より順次表示していく。

2014年1月に発売する「トップ NANOX つめかえ用 大」から環境ラベルの付与を始め、環境に配慮した製品であることを生活者へ積極的に発信することで、日々の暮らしの中で同社製品を通じた環境負荷低減につなげていく。

同社は、現在、2020年に向けての持続可能な環境への取り組み「Eco Vision 2020」を展開している。同社は2011年に、2020年に向けての新経営ビジョン「Vision 2020」を策定。

(※全文:1,008文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.