> > 自動車メーカー連合4社、EV用充電器の設置に独自の補助金 最大190万円

自動車メーカー連合4社、EV用充電器の設置に独自の補助金 最大190万円

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、三菱自動車の自動車メーカー4社は、電気自動車(EV)の普及に向けて、EV用充電器の設置費用を最大で190万円補助する支援策を発表した。11月12日より専用窓口にて申請の受け付けを開始する。

今回のEV用充電器の設置に関する支援は、自治体等にて策定している補助金活用ビジョンに基づいた公共性を有する充電設備のうち、商業施設や宿泊施設等の「目的地充電スポット」や、高速道路のサービスエリア・パーキングエリア、一般道路沿いのコンビニエンスストア、ガソリンスタンド等の「経路充電スポット」など、一定の要件を満たす業種・業態の施設内に設置されるものを対象とする。

本支援では、設置費用のほか、維持費用(充電器の通信費、保守メンテナンス契約費、保険料等)を8年間、電気代(充電器利用時に係る電力従量料金相当額)をNEV補助金で規定する保有義務期間内、補助する。なお、設置費用の支援内容は以下の通り。

(※全文:1,249文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.