> > 使用済み太陽電池の回収・リサイクルサービス 1枚1,200円で1月に開始

使用済み太陽電池の回収・リサイクルサービス 1枚1,200円で1月に開始

記事を保存
使用済み太陽電池の回収・リサイクルサービス 1枚1,200円で1月に開始

一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会(東京都千代田区)は、使用済みの太陽光パネルを回収し、再資源化するサービスを開始する。2014年1月末からの開始を目途に体制を整備する。

太陽光パネルの回収価格(税別)は1枚1,200円(指定収集場所への持ち込み、18kg/パネル以下の結晶系太陽光パネルの場合)とする予定。また、パネル枚数の多い発電所の場合は、より低価格での回収が可能となる。

使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービスでは、関連団体・企業と連携し、パネルメーカー、型式を問わず使用済み太陽光パネルを回収し、再資源化まで一貫して受託できる体制を整える。この一貫したサービスは国内初の試みとなる。また、回収した太陽光パネルの内品質が良い場合はリユースし、売上益は顧客に返還するなどのサービスを実現していく。

太陽光発電システムは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を背景に急速に普及が進んでいるが、使用済みの太陽光パネルの廃棄方法は定まっておらず、更には大量廃棄を目前に控えながらも幾つもの課題が解決されていないのが現状となっている。

同協会は、使用済みの太陽光パネルの廃棄については、下記5点の課題と指摘する。

  1. 太陽光パネルは鉛などの有害物質が含まれている場合もあること
  2. 個々の太陽光パネルについて鉛など有害物質の含有情報の一元管理がされていないこと
  3. 全国で統一した廃棄ルールがなく一部地域では一般廃棄物として粉砕・埋立処理されていること
  4. 太陽光パネルからはアルミニウム、ガラスや銀などの有価物の回収が可能であり、埋立処理ではなく再資源化すべきであること
  5. 戸建住宅の再資源化には10万円以上の費用が掛かること

同協会では、これらの課題を解決するため、ガラス再資源化協議会や大手精錬会社と連携し、回収から再資源化までを一貫して受託する「使用済み太陽光パネルの回収・再資源化サービス」を開始する。

太陽光発電システム鑑定協会は、太陽光発電システムの点検・検査などを行う第三者機関として、2012年7月に設立された。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.