> > 東京電力の家庭用スマートメーター、調達先決定 商用は12月に入札実施予定

東京電力の家庭用スマートメーター、調達先決定 商用は12月に入札実施予定

記事を保存

東京電力は、2014年度に設置する家庭向けスマートメーター(次世代電力計)約114万台の調達先を、三菱電機、東光東芝メーターシステムズ、GE富士電機メーターに決定したと発表した。今後、落札者と最終的な調達価格や台数等を交渉した上で契約を締結する。

同社は、家庭向けスマートメーター(60A)の2014年度の本格的な展開に合わせた調達分について、11月7日に競争入札を実施した。海外企業1社を含む5社が応札し、今回、落札者を決定し発表した。同社は、今回の入札価格の平均額は当初想定していた水準を下回っており、仕様提案募集や競争入札などの一連の取り組みにより、コスト低減の成果が十分あげられたものと評価している。

今回、調達先に決まった三菱電機は、1946年から福山製作所にて電力量計事業を開始し、タイ・インドネシアにも製造拠点を持ち、日本国内のみならずグローバルに事業展開している。近年ではスマートメーター市場のニーズに対応した製品開発に取り組む。

東光東芝メーターシステムズ(東京都港区)は、高品質な次世代メータを開発・提供することを目的に、東光電気と東芝の計器事業を統合して誕生。主に電力会社、ガス事業者、水道事業者、一般産業向け計器に関わる開発、製造および販売を展開している。

GE富士電機メーター(東京都品川区)は富士電機と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の合弁会社。国内の電力会社など顧客向けにメーター(スマートメーター、メーター関連品を含む)の設計、製造、販売、メンテナンス及び修理サービスを手がける。

東京電力は、今後、2014年度設置分のスマートメーターとして、比較的小規模な事業所・商店などを対象とした120A計器(約19万台)については12月に、部屋数の少ない集合住宅などを対象とした30A計器(約57万台)については来年2月に入札を実施し落札企業を決定する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.