> > 太陽光発電事業の増加、工場立地面積の調査でも顕著に 経産省調査で判明

太陽光発電事業の増加、工場立地面積の調査でも顕著に 経産省調査で判明

 印刷 記事を保存

平成25年上期は、太陽光発電事業を目的とした電気業の立地案件の増加により、1,000平方メートル以上の用地を取得した工場立地件数及び工場立地面積が増加したことがわかった。

経済産業省は、工場を建設する目的で平成25年上期(1月~6月期)に1,000平方メートル以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめた。

平成25年1月から6月における全国の工場立地件数は782件(前年同期比67.8%増)、工場立地面積は2,662ヘクタール(前年同期比273.6%増)となった。工場立地件数は平成23年上期以降増加傾向にあり、工場立地面積は半期別の集計を開始した昭和55年上期以降で最も大きな数値となった。工場立地件数及び工場立地面積が増加した理由は、太陽光発電を目的とした電気業の立地案件の増加が大きな要因であると説明している。

(※全文:2,904文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.