> > 富士通のスマートメーター技術が国際技術標準に 関西電力でも200万台で採用

富士通のスマートメーター技術が国際技術標準に 関西電力でも200万台で採用

 印刷 記事を保存

富士通は、同社のスマートメーター(次世代電力計)向けアドホック通信技術が国際標準化推進団体の承認を取得したと発表した。同社では、これまで以上に、国内外の電力会社や機器メーカーにアドホック技術「WisReed(ウィズリード)」として、積極的な提案活動を行っていく考えだ。

今回、同社が2009年に開発したアドホック通信技術が、世界で初めて、スマートメーター向け無線通信のデータ転送技術として、インターネット技術標準化団体のIETFで、RFC(IETFにより策定された技術仕様の保存、公開形式のこと)承認された。

(※全文:1,088文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.