> > 「身に着けるセンサー+対話型HEMS」で健康管理 積水ハウスが実験開始

「身に着けるセンサー+対話型HEMS」で健康管理 積水ハウスが実験開始

記事を保存
「身に着けるセンサー+対話型HEMS」で健康管理 積水ハウスが実験開始

積水ハウスは、住宅オーナーの健康管理や見守り機能を備えたウェアラブルセンサーと対話型HEMS(家庭用エネルギー管理システム)を連動させたスマートヘルスケアサポートの開発に着手し、2014年度内の運用に向け、実証実験を開始する。

同社は、本年10月より、IBMプラットフォームと連携した対話型HEMS「あなた楽しませ隊」の運用を開始した。これにより、オーナーのデータを一元管理することで、建物やお庭、気象や防犯情報など、快適な生活をサポートするパーソナライズ化した情報を提供している。

今回は、より快適で安全・安心な暮らしのサポートを目的に、スマートハウスのマネジメント機能をオーナーの健康管理や見守りにまで拡大させたスマートヘルスケアサポートの運用に向け、実証実験を開始する。

Vital Connect社(バイタルコネクト社、本社:アメリカ)の最新センシング技術によるウェアラブルセンサーを活用し、オーナーの健康情報および活動状況をリアルタイムで測定。対話型HEMSと連動させることで、健康上のアドバイスを行ったり、食事の管理や空調調節、体調異常の発見など、オーナーの健康をサポートするサービスを提供していく。

本サービスは、粘着型の使い捨てパッチ(約11cm)にセンサーを装着させ、体に貼りつけるだけで、生体データがリアルタイムに収集され、心拍数や呼吸数、表皮温度、消費カロリー、ストレスの測定等ができる。今後はHEMS上に記録する。さらに睡眠時の状態把握、転倒などによる怪我や意識不明状態の通知機能などから、適切なアドバイスや救助につなげることを目指す。将来的には、住環境から健康や食生活のサポート、医療介護の分野にまで機能を拡大する予定。

同社は、10月に運用を開始したIBMプラットフォームと連携した対話型HEMSは、さまざまな分野のスマート技術を住宅が集約し、相互に連携させ、適切な情報とサービスを提供するプラットフォームの役割を担うべきと考え、その基盤づくりと説明している。

一般的なHEMSの場合には、HEMSメーカーのサーバーにデータが集まり、メーカーごとにデータが管理されているため、統一サービスの提供ができない。同社ではIBMと共同で構築したプラットフォームを活用することで、HEMSメーカーに依存しないデータの一元管理と統一したサービスの提供を可能にした。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.