> > スズキ、静岡県の社有地に18MWのメガソーラー設置

スズキ、静岡県の社有地に18MWのメガソーラー設置

記事を保存

スズキは、静岡県牧之原市にある相良工場に隣接する中里工業団地にメガソーラーを設置すると発表した。発電設備容量は18MWで全量中部電力に売電する。総投資額は約56億円。今月中をめどに、中部電力への接続検討依頼や経済産業省への設備認定申請を行い、2015年度秋に発電を開始する予定。

メガソーラーを設置する中里工業団地は自社が持つ42ヘクタールの土地で、日照条件が良いことから今回の事業にふさわしいと判断した。発電容量は一般家庭5,700世帯分に相当する。

同社は、さらに浜松市西区舞阪町の遊休地と、浜松市都田地区工業団地(浜松市北区都田町)に建設予定の浜松工場の屋根を活用し、太陽光発電システムの設置を進めていく。発電事業を通じて地域に貢献するとともに、エネルギーの地産地消を進め環境問題への取り組みを強化していく考えだ。

「浜松工場」では、北ブロックに二輪車、四輪車、次世代環境車のパワートレイン関係の部品製造を行う「部品工場」、南ブロックには二輪車のエンジン製造と次世代環境車等のパワートレインの製造を行う「二輪工場」と二輪車、次世代環境車の研究開発、実験を行う「二輪技術センター」の建設を予定している。総投資額は約610億円を見込む(2013年8月時点)。2014年1月より着工し、北ブロックは2016年末、南ブロックは「二輪技術センター」の一部が2015年中に稼働し、「二輪工場」は2017年中の完成を目指し、状況を見ながら建設計画を進めていく予定である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.