日立、カナダでCO2回収実証試験設備の建設を開始 2014年内に稼働へ

  • 印刷
  • 共有

日立製作所は、カナダの大手電力会社であるサスカチュワン州電力公社(サスクパワー社)と、石炭火力発電所の排出ガスからCO2を回収する実証試験向けの設備(CCTF:Carbon Capture Test Facility)の建設を開始すると発表した。

2014年秋頃に建設を完了し、2014年内には実証試験を開始し、大型の商用機を見据えたCO2回収技術全体の信頼性や経済性などを総合的に評価する予定。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事