> > 中国ジンコソーラー、太陽電池の信頼性保証「JIS Q8901」認証取得

中国ジンコソーラー、太陽電池の信頼性保証「JIS Q8901」認証取得

記事を保存

中国の太陽光発電製造大手ジンコソーラーは、ドイツの第三者検査機関大手テュフラインランドにより、「JIS Q8901」認証を取得したと発表した。

JIS Q 8901認証は、太陽電池メーカーや商社を対象に、太陽電池モジュールの信頼性保証体制に関する規格。日本では、太陽光発電の広い適用を促進し、太陽光発電システムの信頼性を向上させ、エンドユーザーの利益を保護することを目的に、2012年に制定された。

同認証を取得することで、メーカーや商社は、ユーザーに対して長期の信頼性をアピールでき、ユーザーは長期保証をされた太陽電池モジュールを安心して購入できるというメリットがある。

認証においては、モジュールの信頼性、物品成分の長期信頼性、部品メーカーから顧客へのサービスサポート及びサービススタッフのスキルなどの包括的な統合評価監査が行われた。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.