> > 日立の電気自動車充電インフラ管理サービスと「チャデモチャージ」が連携

日立の電気自動車充電インフラ管理サービスと「チャデモチャージ」が連携

記事を保存
日立の電気自動車充電インフラ管理サービスと「チャデモチャージ」が連携

日立ソリューションズは、電気自動車(EV)の充電インフラ事業に必要な管理機能を提供する、同社のクラウド型EV充電インフラ管理サービス「emforest(エンフォレスト)/EV」について、国内最大級の充電ネットワークサービス「チャデモチャージ」と連携すると発表した。

今回の連携で「チャデモチャージ」カードでの利用者認証が可能となり、「emforest/EV」を利用するEV充電事業者は、「チャデモチャージ」に入会しているEVユーザー向けに充電器利用サービスを提供でき、利用者の大幅な拡大が可能になる。

また、同社は「emforest/EV」に対応する充電器のラインアップにデルタ電子の急速充電器を追加。これによりEV充電事業を実施、または参入を検討する事業者や、充電器設置を検討している事業者の幅広いニーズに対応していく。

近年、企業のEV充電事業への関心が高まっているが、充電器ごとに連携する会員制ICカードが異なるため、利用者が使用できる充電器が限定されてしまうことが課題となっている。

そこで日立ソリューションズは、2011年に「emforest/EV」の販売を開始。同サービスは、エー・イー・シー(沖縄県)とともに、沖縄県で商業施設や観光施設などのEV充電事業者に向けて、充電器の利用状況や課金情報の管理、遠隔監視などEV充電設備の管理に必要な機能を導入から構築、運用までクラウド型サービスにてワンストップで提供している。今年11月1日には、サニカ(山梨県)製のICカード対応現金精算機にも対応し、充電器の利用者拡大を支援している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.