> > 京大発EVベンチャーGLM、総額約6億円の資金調達を完了 EVの量産・海外展開に着手

京大発EVベンチャーGLM、総額約6億円の資金調達を完了 EVの量産・海外展開に着手

記事を保存
京大発EVベンチャーGLM、総額約6億円の資金調達を完了 EVの量産・海外展開に着手

電気自動車(EV)の開発・販売を行うグリーンロードモータース(京都府京都市)は、ベンチャーキャピタル4社及び日本政策金融公庫を引き受け先とする約6億円の資金調達を、2013年10月31日付で完了したと発表した。

これにより、2013年5月から販売予約を開始したEV「トミーカイラZZ」の量産を開始するとともに、「EVプラットフォーム」(特許取得済みの車台)の海外販売事業を推進する。

「トミーカイラZZ」は、限定生産台数99台のうち限定数を超える予約希望があり、第一次募集枠についてはすべて予約金の入金も完了した。本年12月からは大阪エリアでの試乗会(招待制)も実施していく。第二次募集は2014年1月6日より受付を開始する。東京での車両展示も予定している。

今回の資金調達のうち、第三者割当増資による調達額は約4億円。引き受け先はグロービス・キャピタル・パートナーズ(東京都千代田区)、日本ベンチャーキャピタル(東京都港区)、三菱UFJキャピタル(東京都中央区)、池田泉州キャピタル(大阪市北区)の4社。資本性ローンによる調達額は2億円。引き受け先は日本政策金融公庫(東京都千代田区)。

グリーンロードモータース(GLM)は京都大学発ベンチャーとして2010年4月に設立。京都の生んだスポーツカー「トミーカイラZZ(ジージー)」をEVとして復活させた。京都には、名だたるテクノロジー企業による、EV産業クラスターが存在し、GLMはこれら企業との共同開発を通じ、世界でも最もハイクオリティなEV開発を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.