> > 野村不動産が太陽光発電事業に参入 物流施設の屋根で計4MW超

野村不動産が太陽光発電事業に参入 物流施設の屋根で計4MW超

記事を保存
野村不動産が太陽光発電事業に参入 物流施設の屋根で計4MW超

野村不動産グループの横浜ビジネスパーク熱供給(神奈川県)は、同社グループが開発する高機能大型物流施設「ランドポート」の屋根に太陽光パネルを設置し、同社グループとして初めて太陽光発電事業に参入する。

まずは、竣工済の「ランドポート」5棟に設置。5棟合計の最大出力は4,310kW。年間発電量は約412万kWh(一般家庭約1,140世帯分の年間電力消費量に相当)。発電された電力は電力会社へ売電する。

12月中旬に経済産業省へ設備認定の申請を行い、認定取得後、設置工事を進め、2014年10月より事業を開始する予定。今後、野村不動産グループでは、年間複数棟の「ランドポート」の開発を予定しており、「ランドポート」の増設につれて太陽光パネルも増設し事業の拡大を図っていきたい考えだ。

太陽光パネル設置予定物件は以下の通り。

物件名 最大出力 年間発電量
ランドポート厚木 1,050kW 98万kWh
ランドポート浦安 1,140kW 110万kWh
ランドポート八王子 440kW 42万kWh
ランドポート川越 1,180kW 114万kWh
ランドポート春日部 500kW 48万kWh
合計 4,310kW 412万kWh

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.