> > パナソニック、EMSをサポートする無線センサを発表 湿度や明るさを無線通信

パナソニック、EMSをサポートする無線センサを発表 湿度や明るさを無線通信

 印刷 記事を保存

パナソニック デバイスSUNX(愛知県)は、温湿度・照度を計測し、空調、照明などの最適制御を図ることで、快適性を保ちながら空調、照明の省エネ運転制御をサポートする「ECOnect(エコネクト)シリーズ 無線環境センサ」を製品化し、受注を開始した。

同製品は、場所による温湿度のばらつき改善や不要な照明をオフするなど快適な空間づくりと省エネを両立。また、長距離かつ障害に強く安定した通信ができ、広範囲の計測も可能。エネルギー消費量の最適化、低減を図るBEMSを導入するBEMSアグリゲーターなどを通じ、工場・ビル・オフィス・店舗などへの展開を図る。

省エネの取組みが加速する中、工場、ビル、オフィス、店舗などでは、電力削減に加えて電力以外の温湿度・照度などを計測し、空調、照明を最適制御し快適性を保ちながら省エネを推進したいというニーズが高まっている。 が、今回、新たに温湿度、照度を計測できる製品として「無線環境センサ」を製品化した。

また、計測データを、高速、長距離、かつ安定したワイヤレス通信で広範囲に管理したいという要望もある。同社は、省エネ支援機器を簡単につなぐECOnectシリーズとして「920MHz帯 無線ユニット」を製品化しているが、今回、新たに温湿度、照度を計測できる製品として「無線環境センサ」を製品化した。

(※全文:1,213文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.