> > 「太陽光発電アドバイザー」試験、新たに676名合格 合格率約52%

「太陽光発電アドバイザー」試験、新たに676名合格 合格率約52%

記事を保存
 「太陽光発電アドバイザー」試験、新たに676名合格 合格率約52%

日本住宅性能検査協会は、同協会が認定する民間資格「太陽光発電アドバイザー」の第3回試験の合格発表を行った。第3回試験は、11月4日に全国7都市で行われ、受験申込者数1,301名に対して、合格者数は676 名(合格率:51.96%)だった。

太陽光発電アドバイザーは、主に一般住宅用太陽光発電システムの導入に際して、専門的知識で消費者に対して適切な助言を行い、安心して太陽発電システムを導入できるよう、また、導入後のトラブルを円滑に解決できるよう支援する。

次回、第4回太陽光発電アドバイザー試験は、平成26年5月11日に、全国7都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡)で実施予定。協会では、願書申込の受付を開始している。

太陽光発電が急速に普及する一方、知識不足による様々なトラブルが増加しており、各消費者団体に寄せられる相談の中でも、太陽光発電システムに関するものが増えている。

太陽光発電システムは、購入・設置・運用の各段階において、経済的・技術的な問題から法律・行政上の問題まで様々な要素が複雑に絡んでいる。太陽光発電アドバイザー試験は、こうした太陽光発電システムの導入に関して生じうる諸問題について、消費者の相談に応えることのできる専門的知識を有することを客観的に認定する制度。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.