> > 新開発「円弧動エンジン」、燃費1/3、重量10%以下 開発元が提携企業募集中

新開発「円弧動エンジン」、燃費1/3、重量10%以下 開発元が提携企業募集中

記事を保存
新開発「円弧動エンジン」、燃費1/3、重量10%以下 開発元が提携企業募集中

日本ソフトウエアアプローチ(埼玉県)は、現行の自動車エンジン「レシプロエンジン」と軽量コンパクトながら高出力を発生する「ロータリーエンジン」の利点を融合した、新発想の構造を有する自動車用「円弧動エンジン」の基本設計を完了し、実用化に向けた開発に着手する。同エンジンの重量は従来の10%以下、燃費は3分の1以下。従来の自動車だけでなく、ハイブリッド車(HV)にも適用可能で、同社は、次世代自動車エンジンの主流となり得ると考えている。また、コンプレッサーやポンプにも応用可能。

開発に伴い、同エンジンの技術資料及び設計図面を同社インターネットホームページで公開し、試作機の製作から実用化に向けた量産型エンジンの開発・生産に関わる提携先企業を求めている。

現行の「レシプロエンジン」は、円筒状のピストンの往復運動を回転運動に変換し動力とする。構造がシンプルで故障が少なく安定した出力を確保できるものの、基本的にはひとつのエンジンブロックにひとつの燃焼室(シリンダー)しか設けられないため、高排気量・高出力エンジンになるほど、エンジン全体の容量・重量とも大きくなり、その結果、燃料の単位容量あたりの走行距離(燃費)が短くなる欠点がある。

一方、「ロータリーエンジン」は、1つのエンジンブロックに複数の燃焼室を有することができ、同排気量・同主力のレシプロエンジンに比べて大幅な軽量・コンパクト化を図ることができるが、燃料の単位容量あたりの走行距離が短く、製造も難しいという欠点がある。

「円弧動エンジン」は、ドーナツ状のシリンダー内に、ドーナツ状の中心を起点に円弧を描いて往復運動するピストンを収め、4つの燃焼室を設けるという、レシプロ式とロータリー式の双方の利点を活かしたユニークな構造。

「円弧動エンジン」動作アニメーション

「円弧動エンジン」動作アニメーション

自動車用のレシプロ式2000ccエンジンの重量が200kg前後なのに対して、「円弧動エンジン」の重量は、同程度の排気量を有するレシプロ式エンジンの10%を下回る15kg以下。また、エンジンの小型化により車体総重量の軽量化も図ることができ、排気量1000ccの「円弧動エンジン」で、従来の2000ccエンジンの性能を確保し、燃費を3分の1以下にまで低減できる。

なお、日本ソフトウエアアプローチは、学習用コンピュータソフトウェアを中心に、科学技術計算を基盤に新技術を工夫することで、様々なシステム開発を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.