> > 積水化学と産総研、フィルム型太陽電池の常温成膜に成功 世界初

積水化学と産総研、フィルム型太陽電池の常温成膜に成功 世界初

 印刷 記事を保存

積水化学と産総研は共同で、室温プロセスでのフィルム型色素増感太陽電池の試作に成功したと発表した(積水化学調べ。2013年12月5日現在)。

本開発・試作を行ったのは、積水化学のR&Dセンター(所長は上ノ山智史)は、産総研の先進製造プロセス研究部門(研究部門長は淡野正信)先進コーティング技術プラットフォーム研究班の廣瀬伸吾主任研究員、明渡純首席研究員など。

(※全文:663文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.