> > 積水化学と産総研、フィルム型太陽電池の常温成膜に成功 世界初

積水化学と産総研、フィルム型太陽電池の常温成膜に成功 世界初

記事を保存
積水化学と産総研、フィルム型太陽電池の常温成膜に成功 世界初

積水化学と産総研は共同で、室温プロセスでのフィルム型色素増感太陽電池の試作に成功したと発表した(積水化学調べ。2013年12月5日現在)。

本開発・試作を行ったのは、積水化学のR&Dセンターは、産総研の先進製造プロセス研究部門 先進コーティング技術プラットフォーム研究班の廣瀬伸吾主任研究員、明渡純首席研究員など。

さまざまな用途へのフィルム型色素増感太陽電池応用イメージ

今回試作した太陽電池はAD法(エアロゾルデポジション法。セラミック材料の常温高速コーティングプロセス方法)を活用し、従来の高温焼成を不要とした技術においては世界初の製品となる。

同試作品は、有機フィルム上の色素増感太陽電池としては世界最高水準の8.0%の変換効率を得た。

産総研の保有するAD法技術と、積水化学の保有する微粒子制御技術・多孔膜構造制御技術・フィルム界面制御技術を駆使し、熱エネルギーの代わりに高速衝突エネルギーによる微粒子結着メカニズムを利用することで、従来の高温焼成セラミック形成プロセスが不要となり、室温でのフィルム化に成功したとしている。

AD法による成膜のイメージ

そのため、耐熱性の低い汎用フィルムや粘着テープのような材料にも成膜が可能で、さまざまなフィルム基板を用いた色素増感太陽電池の製造が見込め、幅広い用途が期待される。

さらに、高温工程が不要なことから製造負荷とコストの低減にもつながり、薄型・軽量・大面積・フレキシブルな用途を兼ね備えた同製品が低コストで生産可能となる。

積水化学は、幅広く事業パートナーを募り、2015年の太陽電池市場への参入を目指すとの方針を述べている。

【参考】
産総研 - 世界初!室温プロセスでフィルム型色素増感太陽電池の試作に成功

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.