> > NEC、小型化した電気自動車用充電コントローラを発売 日産店舗などに導入

NEC、小型化した電気自動車用充電コントローラを発売 日産店舗などに導入

記事を保存
NEC、小型化した電気自動車用充電コントローラを発売 日産店舗などに導入

NECは、小型・軽量化を実現し、壁面への設置や急速充電器との一体化を可能とした電気自動車(EV) 用充電コントローラの新製品を12月11日に発売した。

本製品は、日産が急速充電器の設置を進めている日産販売会社店舗への導入が計画されている。

今回発売したのは、複数のEV・プラグインハイブリッド車(PHV)用充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行う充電コントローラ。

国内の主要な充電器メーカ14社(急速充電器8社、普通充電器6社)の製品に接続可能で、充電器メーカーとの連携を強化することで、様々な充電器と本製品を組み合わせた充電サービスの提供することができる。また、充電器従来製品比で体積を約60%、重量を約40%削減することで、壁面への設置等を可能とした。

価格は50万円(税別)で、2013年12月下旬より出荷を開始する。 今後2年間で2,000台の販売目標を掲げる。

なお、日産販売会社店舗における充電サービスの提供は、ジャパンチャージネットワーク(神奈川県横浜市)が行う。日産では、現在、すでに約800店舗に急速充電器を設置している。ジャパンチャージネットワークは住友商事、日産、NEC、昭和シェル石油が出資する会社で、EV/PHEV向け充電サービス事業を行っている。

また、本製品は、経済産業省「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助対象。NECは本製品について、12月12日(木)から14日(土)まで、東京ビックサイト(東京都江東区)にて開催される「エコプロダクツ2013」において展示する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.