> > LNG運搬船向けのLNGを燃料としたエンジン 重油に比べCO2最大30%削減

LNG運搬船向けのLNGを燃料としたエンジン 重油に比べCO2最大30%削減

記事を保存
LNG運搬船向けのLNGを燃料としたエンジン 重油に比べCO2最大30%削減

川崎重工は、舶用「電子制御式ガスインジェクションディーゼル(ME-GI)」エンジンを主機とし、LNG運搬船やLNG燃料船に最適な推進システムを提供する「推進プラント」の開発を完了し、神戸工場でフルスケールの実証試験を開始する。この推進プラントは、従来型の重油焚の2サイクルディーゼルエンジンに比べて、最大約30%のCO2排出量削減が見込まれている。

実証試験では、同社が開発した「高圧燃料ガス供給設備」「LNGタンクシステム」及び各種試験に用いられてきた2サイクルディーゼル試験エンジンを改修した「ME-GIエンジン」で構成されたフルスケールの常設試験設備を使用。このような常設設備による試験は、造船所及びエンジンメーカーとしては世界で初めての試み。なお、高圧燃料ガス供給設備には、LNGをポンプによって約30MPaまで加圧した後、気化器にてガス化する「高圧ポンプ方式」を採用している。

ME-GIエンジン主機推進プラントの構成イメージ

ME-GIエンジン主機推進プラントの構成イメージ

実証試験では、高圧ポンプ方式による高圧ガス供給設備の機能面及び性能面の確認のほか、実船での運航状態を模擬した運転の中での操作性や信頼性及び長期運転時の保守性などを確認。また、水エマルジョン燃料やEGR(排気再循環)など各種環境負荷低減技術とME-GIエンジンを組み合わせた試験も実施。これらの実証試験により、同社は、ME-GIエンジン主機推進プラントのノウハウを蓄積し、環境負荷が少ない低燃費の船舶やエンジンを提供することで、造船・舶用工業市場での優位性を確保していきたい考えだ。

世界的な環境保全に対するニーズの高まりと燃料油価格の高騰及びLNG燃料の低価格化により、海運業界では次世代の舶用燃料としてLNGへの注目が高まっている。なかでも現状最もエネルギー効率の高い2サイクルディーゼルエンジンを2元燃料化した「ME-GIエンジン」は、次世代の舶用主機関として最有力視されている。今回の開発は、このような海運業界のニーズにいち早く応えたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.