> > LNG運搬船向けのLNGを燃料としたエンジン 重油に比べCO2最大30%削減

LNG運搬船向けのLNGを燃料としたエンジン 重油に比べCO2最大30%削減

 印刷 記事を保存

川崎重工は、舶用「電子制御式ガスインジェクションディーゼル(ME-GI)」エンジンを主機とし、LNG運搬船やLNG燃料船に最適な推進システムを提供する「推進プラント」の開発を完了し、神戸工場でフルスケールの実証試験を開始する。この推進プラントは、従来型の重油焚の2サイクルディーゼルエンジンに比べて、最大約30%のCO2排出量削減が見込まれている。

実証試験では、同社が開発した「高圧燃料ガス供給設備」「LNGタンクシステム」及び各種試験に用いられてきた2サイクルディーゼル試験エンジンを改修した「ME-GIエンジン」で構成されたフルスケールの常設試験設備を使用。このような常設設備による試験は、造船所及びエンジンメーカーとしては世界で初めての試み。

(※全文:820文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.