> > オムロンの太陽光発電遠隔監視保守サービス、グレードアップし精度向上

オムロンの太陽光発電遠隔監視保守サービス、グレードアップし精度向上

 印刷 記事を保存

オムロングループは、産業用太陽光発電の遠隔監視による運用監視・現場保守の一体型サービス「ソラモニ」の機能を拡充し、2014年1月よりサービス提供を開始する。

今回の機能拡充では、より精度の高い異常検出を実現し、正確かつスピーディーな見守りサービスを提供するとともに、日々の発電状況の管理や分析をしやすくするための機能等を追加する。

「ソラモニ」は、遠隔監視情報システムと保守サービスを組み合わせて太陽光発電システムの発電状態やシステムの状況を監視・保守するサービス。オムロン、オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)、オムロン フィールドエンジニアリング(OFE)が2012年7月より展開している。

今回、これまでにソラモニを導入した発電事業者や太陽光発電システムインテグレーターをはじめとする顧客の意見・要望をもとに、機能追加や新たな仕組みの導入を行い、顧客にとってより使いやすく、安心感のある監視サービスとしてグレードアップする。

(※全文:1,767文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.