> > エナリス、岩手県の間伐材でバイオマス発電 新電力として公共施設に供給

エナリス、岩手県の間伐材でバイオマス発電 新電力として公共施設に供給

 印刷 記事を保存

新電力(PPS)業務の支援を手がけるエナリスは、未利用資源の利活用に取り組むフジコー(東京都台東区)とともに、岩手県二戸郡一戸町において森林未利用材バイオマス発電事業に着手すると発表した。

本事業は、地域で発生する木材を燃料として、地元で発電を行い、地域に電力の供給を行う地産地消型の先駆的な事業モデルの構築を目指す。フジコーは主にバイオマス燃料の調達・製造と発電所の運営・保守を、エナリスは主にファンドスキームを用いた資金調達、事業企画及び売電を担う。

具体的には、本事業では一戸インター工業団地内にバイオマス発電事業を行う一戸フォレストパワーと、その子会社としてバイオマス燃料製造会社を設立。岩手県及び秋田県北部、青森県南部にまたがる山林に賦存する間伐材等の未利用材を燃料としてグリーン電力の発電を行う。

(※全文:1,366文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.