> > 住宅用太陽光発電システムの満足度調査 曇天時の発電量などに不満

住宅用太陽光発電システムの満足度調査 曇天時の発電量などに不満

記事を保存

太陽光発電システムメーカーのハンファQセルズジャパンは、太陽光発電パネルを使用する家庭での満足度など、太陽光発電パネルに関する実態調査を行い、その結果を公表した。

調査対象は、太陽光発電パネルを自宅に設置・利用している既婚男女300人(30代~50代)で、満足度や家計への効果、見落としがちなポイントなどを明らかにし、さらに、太陽光発電パネル購入者の使用実感や、今後の購入者に対してのアドバイスなどの回答も得た。

調査の実施期間は一年で最も昼間の時間が短い冬至(12月22日)を控えた2013年12月3日から5日まで、インターネットにより実施された。

本調査により、下記のような傾向が明らかになった。

太陽光発電パネルの満足度は94.3%
不満のポイントは“空模様”による発電力

  • 太陽光発電パネルについての満足度上位は「デザイン」(96.7%)や「晴天時の発電量」(92.3%)
  • 太陽光パネルへの総合的な満足度
  • 最も満足度が低いのは「曇天時の発電量」(66.7%)
  • 設置した太陽光パネルの満足度

「曇りの日に強いパネル」の存在を知らなかった人は、
曇天時の発電量に対して不満足な傾向が強い

  • 一方で、購入前にそのような太陽光発電パネルの存在を知っている人は、満足度が高い
  • 設置した太陽光パネルの満足度
  • 満足ポイントは「電気代節約」(95.7%)、「メンテナンス費用がかからない」(83.3%)、「晴天時の発電量」(82.3%)
  • 「雪の日」(37.7%)、「雨の日」(39.3%)、「夕方」(44.0%)など日照状況が良くない時は満足度も低い傾向に
  • 太陽光パネルの満足度(個別)

今後の購入者層へのアドバイスは、
「保証内容」や「地域の日照条件」、「曇天時の発電量」など

  • 太陽光発電パネル購入時に重視する点とこれから検討する人への推奨ポイントを比較すると、「曇天時の発電量」(66.0%→94.0%)や「居住地の日照状況(晴天率など)」(65.7%→92.3%)を挙げる人が増加

発電量に不満が多いのは1月、2月、12月

月別の太陽光パネル発電量の満足度
  • 季節別では、「冬」の発電量に不満(12月…35.3% 1月…35.7% 2月…36.0%)
  • 適度な気温で日照時間が長いと発電効率が良いため、「春」の発電量の満足度が高い(4月…83.0% 1月…91.7%)

本調査では、消費者が太陽光パネルの購入時に「日照条件による発電量の違い」を知っていることにより満足度があがり、実際に使用したことで、気象条件が悪くても安定した発電能力をより重視するようになる傾向があるとわかった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.