> > 福島県に放射性廃棄物の減容化施設 神戸製鋼所グループが受注

福島県に放射性廃棄物の減容化施設 神戸製鋼所グループが受注

 印刷 記事を保存

神鋼環境ソリューションと神戸製鋼所は、環境省より、福島県相馬郡飯舘村において仮設焼却施設を設計・建設し、除染作業等により発生した廃棄物等を焼却により減容化する業務を受注した。

福島県内の汚染廃棄物対策地域内でのごみの焼却であることから、放射性物質を取り扱う優れた技術が必要となり、焼却炉も通常の廃棄物の焼却炉よりさらに気密性が求められることになる。この状況下、神鋼環境ソリューションの流動床式焼却炉の特長である気密性や立ち上げ・立ち下げの容易さに加え、神戸製鋼所の有する放射性廃棄物の処理・処分・貯蔵分野での豊富な実績に裏付けされた放射性物質を取り扱う優れた技術等を提案し、今回の受注に至った。

(※全文:941文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.