> > 環境影響評価用のデータベースが仮公開 風力発電の適地情報なども

環境影響評価用のデータベースが仮公開 風力発電の適地情報なども

 印刷 記事を保存

環境省は、同省が収集している、風力発電等に適した地域の環境情報や環境影響評価に関連する技術情報を公開し、事業者や一般の方々に広く活用してもらうため、「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」の仮公開を開始した。同システムは、風力発電等に適した地域の自然環境データ、環境影響評価に活用できる公表された環境情報等をGISデータとして提供するほか、環境影響評価に用いられた文献、環境影響評価の事例の検索ができる。

最新情報への更新も定期的に行いながら、段階的に公開する情報を充実させ、環境影響評価手続の各段階で必要となる情報を検索、閲覧等ができる仕組みを目指す。本公開は、平成26年3月末の予定。

「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」は、以下4つのデータで構成されている。

(※全文:1,124文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.