> > 青森県が高架橋下を太陽光発電向けにレンタル開始 道路維持協力で賃料90%OFF

青森県が高架橋下を太陽光発電向けにレンタル開始 道路維持協力で賃料90%OFF

 印刷 記事を保存

青森県は、同県が管理する道路空間のうち、直接には通行には用いていない高架橋下を太陽光発電の用地として貸し出す。同県は青森浪岡線スカイブリッジで太陽光発電事業を行う道路占用予定者の募集を開始した。

本事業は、前述の道路空間において、青森県から道路空間の占用を許可された民間事業者が、再生可能エネルギーの発電施設等の建設・維持管理運営を行うものであり、再生可能エネルギー活用事例の創出、再生可能エネルギーの普及及び県内経済・雇用の活性化を図ることを目的とする。

募集路線名・箇所は主要地方道 青森浪岡線、青森県青森市大字高田字日野~字朝日山。占用許可申請を提出できる者は、太陽光発電事業の運営を行う事業者とする。

(※全文:741文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.