> > 青森県が高架橋下を太陽光発電向けにレンタル開始 道路維持協力で賃料90%OFF

青森県が高架橋下を太陽光発電向けにレンタル開始 道路維持協力で賃料90%OFF

記事を保存
青森県が高架橋下を太陽光発電向けにレンタル開始 道路維持協力で賃料90%OFF

青森県は、同県が管理する道路空間のうち、直接には通行には用いていない高架橋下を太陽光発電の用地として貸し出す。同県は青森浪岡線スカイブリッジで太陽光発電事業を行う道路占用予定者の募集を開始した。

本事業は、前述の道路空間において、青森県から道路空間の占用を許可された民間事業者が、再生可能エネルギーの発電施設等の建設・維持管理運営を行うものであり、再生可能エネルギー活用事例の創出、再生可能エネルギーの普及及び県内経済・雇用の活性化を図ることを目的とする。

募集路線名・箇所は主要地方道 青森浪岡線、青森県青森市大字高田字日野~字朝日山。占用許可申請を提出できる者は、太陽光発電事業の運営を行う事業者とする。

占用可能面積は最大約3,438平方メートルで、うちパネル設置可能面積最大約1,386平方メートル。占用期間は5年。ただし、占用期間の更新は最大で3回まで(20年間)できる。

占用料は道路維持管理への協力(占用区域以外の除草、清掃、植樹の剪定又は道路施設への電力供給など)が行われる場合は90%減免可能。減免しない場合が年1,000円/平方メートル、減免する場合が年100円/平方メートル。

道路占用予定者は、企画提案方式により公募し、県が設置する「青森県再生エネルギーロード推進事業に係る選定委員会」において審査を行い、その審査結果に基づき、道路占用予定者1者を決定する。

募集期間は12月25日(水)~平成26年2月7日(金)。平成26年2月下旬に選定委員会を開催し、3月上旬に占用予定者を決定・通知する。道路占用許可申請は平成26年4月1日(火)以降となる。

本公募に関する質問も受け付けている。第1回質問受付期間が1月10日(金)17時までで回答日は1月17日(金)を予定。第2回質問受付期間は1月17日(金)~1月24日(金)17時で、回答日は1月31日(金)を予定している。

【参考】
青森県 - 青森浪岡線スカイブリッジで太陽光発電事業を行う道路占用予定者募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.