> > 青森県むつ市、弘前大と連携して地熱発電事業の調査研究を開始

青森県むつ市、弘前大と連携して地熱発電事業の調査研究を開始

記事を保存

青森県むつ市は、弘前大学(青森県)と連携して、地熱発電事業の可能性についての研究・調査等に取り組むことを発表した。むつ下北地域は地熱資源に恵まれており、特に風間浦村との境界付近にある燧岳(ひうちだけ)周辺は、過去の調査結果からも地熱エネルギーのポテンシャルが非常に高い地域となっている。

下北半島地域は、数多くの風力発電施設が設置されており、この地域での地熱発電が可能となれば、再生可能エネルギーの利用に拍車がかかるものと期待される。

同事業は地域や自然等との共生が不可欠なことから、市民を対象とした地熱発電に対する理解を深めるための事業にも取り組んでいく。

【参考】
むつ市 - 地熱発電事業への取組について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.