> > 福岡市、太陽光発電の「屋根貸し」対象施設拡大 事業者募集中

福岡市、太陽光発電の「屋根貸し」対象施設拡大 事業者募集中

記事を保存
福岡市、太陽光発電の「屋根貸し」対象施設拡大 事業者募集中

福岡市が市有施設の屋根で太陽光発電を行う事業者の募集を告知した。

福岡市では平成25年9月から学校施設の屋根を事業者に貸し出す再生可能エネルギー事業に取り組んでいたが、今回の決定で対象施設を学校だけでなく、市営住宅や体育館、プールなどの市有施設へと拡張することに決めた。

今回事業者を募集する施設は4グループあり、Aグループが学校施設、B・Cグループが市営住宅、Dグループが体育館やプールなどの公共施設となる。

事業者はこの4グループの中から希望のグループを選び(複数選択も可)、企画提案書を市に提出。市は審査委員会において提案書を審査し、事業者を選定する。

空間使用料は市が定める月に年額を納める。使用期間は工事期間を含めず20年間。以後は10年ごとに更新が出来る。

応募に係わるスケジュールは下記の通り。

  • 現地見学会:1月14日(火)~1月16日(木)(※予備日が17日(金))
  • 質問受付:1月8日(水)~1月22日(水)16時まで
  • 企画提案書等受付:2月3日(月)~2月5日(水)16時まで
  • プレゼンテーション及び質疑応答:2月25日(火)~2月27日(木)
  • 事業者決定通知:2月28日(金)(予定)

なお、この事業に参加するには事前の現地説明会の参加が必須条件となっている。

また、貸し出し条件として災害時や停電時などの非常時には太陽光発電による電力を当施設に無償で配給できるように設備を設けること(自立運転機能装置や非常用コンセントの設置など)が提示されている。

【参考】
福岡市 - 第2弾 市有施設の屋根で太陽光発電を行う事業者を公募します!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.