> > 村田製作所、「ハイブリッド」リチウムイオン蓄電池モジュールを開発

村田製作所、「ハイブリッド」リチウムイオン蓄電池モジュールを開発

記事を保存
村田製作所、「ハイブリッド」リチウムイオン蓄電池モジュールを開発

村田製作所は、コンパクト、高入出力、長寿命を実現した高入出力型の「ハイブリッド」リチウムイオン蓄電池モジュールを開発したと発表した。

本製品は自社開発した高入出力リチウムイオン二次電池(写真:赤)と、他の蓄電池(写真:緑)を複合したバッテリーマネジメントシステム付き蓄電池モジュール。ジード製超小型モビリティの試作機に搭載され、1月15日(水)~1月17日(金)に東京ビッグサイトで開催される国際カーエレクトロニクス技術展(http://www.car-ele.jp/)で展示予定となっている。

開発された製品の特長は下記の通り。

  • 超急速充電が可能。6分間の充電で約9割の充電量を確保
  •  
  • コンパクト(外形寸法150mm×250mm×150mm、質量3.5㎏)でありながら100Aまでの大電流放電が可能
  •  
  • 期待寿命10年(常温環境下において、充電・放電を1日1回行った場合)
  • エネルギー型リチウムイオン電池、リユース電池(EVに一次利用された電池を、HEMSBEMS、FEMSなどに二次利用するもの)や鉛蓄電池との併用が可能
  • 単モジュール(24v系5Ah)130Wh
    (構成例・・・単モジュール×5直列×2並列=約1.3kWh)

小型電動車両、シニアカー、無人搬送機、昇降機、定置型蓄電システム、無停電電源装置などの電源として用途を想定し、同社野洲事業所にて2015年4月から量産開始予定だ。

ジード株式会社製 超小型モビリティ「ZieD α1」

ジード株式会社製 超小型モビリティ「ZieD α1」

本製品が搭載されるジード製の「ZieD α1」は、「二人の移動に必要最小限度のサイズで美しい乗り物」をコンセプトとした超小型モビリティで、今年商品化され、2015年から販売予定となっている。

定置型蓄電池システムや、次世代交通インフラの超小型モビリティの電源システムとして、コンパクトかつ高品質なリチウムイオン電池のニーズが高いことから、同社は、自社開発した高入出力リチウムイオン二次電池(写真:赤)と、他の蓄電池(写真:緑)を複合したバッテリーマネジメントシステム(BMS=リアルタイムでリチウムイオン電池の総電圧や残容量などを表示し、入出力電流・各セルの電圧や温度などをモニタリングし、バッテリー管理をおこなうシステム。)付き蓄電池モジュールを開発したとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.