> > 村田製作所、群馬県の工場敷地内にメガソーラー設置

村田製作所、群馬県の工場敷地内にメガソーラー設置

記事を保存
村田製作所、群馬県の工場敷地内にメガソーラー設置

村田製作所は、グループ会社の東京電波群馬工場敷地内に設置予定の「村田製作所メガソーラー群馬」に着工したと発表した。同社では最大規模の太陽光発電所となる。

本メガソーラー発電所の発電規模は1.6MW(一般家庭約540世帯の年間消費電力量にあたる)で、使用した太陽電池モジュールの枚数は6,700枚(施工はシャープ)、2014年3月に完成予定となっている。

発電した電力は固定価格買取制度を適用し、東京電力や新電力に売電する。また、地元自治体と協力し小・中学校での環境学習にも役立てる。

同社ではこれまで、本社ビル(50kW)、野洲事業所(1MW)、中国の深セン村田科技有限公司(1MW)を含め、合計3.6MWの太陽光発電所を運営している。本メガソーラー発電所は、昨年8月に東京電波が同社の傘下に入ったことを機に、群馬工場の敷地内に設立されることとなった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.